スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うさぎの食性と問題・危険性 

うさぎは*1後腸発酵(こうちょうはっこう)をする草食動物です
腸の中の多数の細菌が消化に大きな役割を果たしています。

腸では普段見る固くてコロコロの丸い糞と柔らくてまとまった盲腸便の2種類を作り分けています
盲腸便は皆さんご存知の通りうさぎが肛門から直接食べます
盲腸便には大量のビタミンB群と良質のたんぱく質 その他が含まれています。

*1:体内に棲む微生物の作用によって草の細胞壁を発酵分解させて消化吸収する

うさぎはもともと野生の時代は母乳以外の動物性の食物は口にせず
もっとも栄養価の低い草や木の葉を食べていました。
そうして草や木の葉の繊維を炭水化物として利用し不足部分を盲腸便で補います

これはアナウサギが高栄養な地域に生息していなかったため
進化の過程で低栄養な植物から身体に必要なエネルギーを得る為に高性能の消化管を得た事になります

ここで問題なのは
ペットとして飼われているウサギはうさぎ本来の食べ物ではない
豆類やトウモロコシ・ナッツ類・穀類とその製品などの与えすぎで肥満や消化障害が起きたり
本来の食べ物である牧草(乾草)を嫌いになりあまり食べなくなると臼歯の過長症になりやすくなります

また元来非常に栄養価の低い草や葉を食べるように進化したうさぎは
時間が許せば四六時中食べる性質があります。たとえ病気などで体調が悪くても食べ続けます
栄養価の低い食物を食べ続ける事が生きていく必要不可欠なことになります。

そんな生活の中でうさぎの食欲低下・まったく食べないというのは非常に危険なサインになります
多少はまだ食べているから大丈夫というのはうさぎにはあてはまらず
病気の種類や病態にもよりますが死亡する数時間前まで食べているのは珍しくない事です

うさぎが食事を摂らない状態では生理的平衡(ヘイコウ)状態 簡単に言えば健康状態を
維持できる期間つまり絶食できる期間は非常に短いという事です。

そんなうさぎですが実際うさぎは捕食される側なので体調が悪くてもそれを表現しない傾向が強く
飼い主さんが病気の症状の発見が遅れたり、また気付いた時には重症化している事が多く
まだいくらか元気そうに見えても死に至る事が起こる動物でもあります。

我が家の姫達の普段のエサの健康管理はあまり神経質にならずに健康な時にあげる量を決めて
大体どれぐらい食べてるのかチェックしておくと気付きやすいと思います。
またおやつや野菜などを与えた時には食べる量は少し減っています 与える量にもよりますが



スポンサーサイト

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2011/02/10 21:53 ] ウサギってどんな動物? | TB(0) | CM(0)

寿命と実年齢 

10年以上生きるウサギさんもたくさんいます。

 ウサギ  人間
 1ヶ月  2歳
 2ヶ月  5歳
 3ヶ月  7歳
 6ヶ月  13歳
 1年  20歳
 2年  28歳
 3年  34歳
 4年  40歳
 5年  46歳
 6年  52歳
 7年  58歳
 8年  64歳
 9年  70歳
 10年  76歳
 11年  82歳
 12年  88歳
 13年  91歳
 14年  98歳

いつまでも元気でそばにいてほしいです。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 08:17 ] ウサギってどんな動物? | TB(0) | CM(0)

ウサギの気持ち 

仲良くなるためにはウサギの気持ちををよく知る事がとっても大事です

ごきげんの時
♪ジャンプ
その場で思い切りジャンプ!体をひねるようにジャンプ!左右にジャンプ!している時はごきげんな証拠です。

♪プゥプゥと鼻を鳴らす
鼻を鳴らしながら足元をくるくる回ったりして遊んで欲しい時やかまってほしい時などにします。

♪お鼻をピクピク
ウサギは常にヒクヒク鼻が動いていますが興奮している時は特に動くようです。飼い主に慣れているウサギは名前を呼ばれると鼻をヒクヒクさせます。

♪しっぽをフリフリ
うれしい時などは特にフリフリします。

♪手をペロペロ
ウサギの飼い主に対しての愛情表現のひとつです。

リラックスしている時
♪床にゴロン
足を伸ばしてお腹を床につけている時や突然ゴロンとひっくり返って寝ることもあります。
あとに体を左右にコロコロしたり

♪毛づくろい
前足で顔を洗うようなしぐさをしたり、耳を両手ではさんでしごくようにしたりする時(可愛いですよね~)

♪奥歯をカチカチ鳴らす
なでられて気持ちのいい時に、奥歯をすりあわせるような音がする

♪あくびをする
伸びをしながら大きくあくびをします。

かまってほしい時
♪鼻先でツンツン
かまってほしい時などに足や手などツンツンしてくる

♪後ろ足で立つ
おやつなどおねだりする時などに立つ(警戒している時も立って周囲を見渡す場合もあります)

怒っている時
♪後ろ足でダンダンと踏み鳴らす
スタンピングといいます。怒ってる、危険を感じている、威嚇している不満がある時などにします。

♪ブゥブゥと鼻を鳴らす
はっきり言って怒ってます

不満がある時
♪物をひっくり返す
食器やトイレなどを口でくわえてガタガタさせたりひっくり返すのは退屈をで事がないから、
あとは不満がある時など

警戒している時
♪耳をピンと立てる
音のする方に耳を動かしたり、キョロキョロしている

♪後ろ足で立つ
あたりを見渡して耳もピンと立っている

♪しっぽの裏を見せる
仲間に危険を知らせる時、威嚇している時などもする

うさぎの本能
♪アゴをこすりつける
ウサギはアゴに臭腺があります、縄張りを主張する時などにスリスリとあちらこちらにアゴをこすりつけます。飼い主や他のウサギにする事もある

※気の強いウサギや反抗的なウサギの背中に飼い主があごを乗せるとウサギは自分の方が下だと思い
 おとなしくなる事もあります。

♪穴掘り
前足でじゅうたんや畳をほるようなしぐさをして、掘った後に前足で土をならすようなしぐさをする、興奮している時などもする事があります。

♪物をかじる
これもうさぎの本能なのでやめさせる事はできません

苦痛を感じている時
♪キーキーという泣き声
強い恐怖心がある時、ひどい苦痛の時など

♪強い歯ぎしり
軽い歯ぎしりはリラックスしている時にみられますが強い歯ぎしりは苦痛のためによるものです

その他
ウサギのオスは交尾のあとに「キー」と一声鳴きます 。交尾するのではなく別のウサギに乗りかかり(マウンティング)自分が優位である事を示す
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 08:16 ] ウサギってどんな動物? | TB(0) | CM(0)

ウサギの体のしくみ 

【耳】
太い血管がたくさんあり、皮膚の表面から熱を発散させ体温を下げる働きがあります。 小さな音でもキャッチできる集音効果の高い形なので近くで大きな音は出してはいけません

【目】
顔の両側についていて広い視野がありほぼ真後ろまで見えます。
薄暗いところでもウサギにはよく見えています。

【口】
上唇が鼻の下から縦に割れていて、あまり大きく開かない構造になっている

【鼻】
よく動く鼻でニオイなどを敏感にキャッチします。

【肉垂(にくだれ)】
2~3歳以上のメスのあごの下にひだがあります

【ひげ】
感覚器官として重要で周囲の様子を探ったり、トンネルなどの狭い場所を通る時にその幅を知るのにも使われます。

【歯】
ウサギの歯は一生伸び続けます、1年で10~12cmも伸びる(牧草などを食べて自然に磨り減ります) 上あごに切歯が2本、その裏に重なって2本の切歯があります。下あごには2本の切歯で奥歯は臼歯で上が左右6本下が左右5本ずつ生えています。干し草などをすりつぶす役目をします。

【しっぽ】
あまり目立ちませんが行動や気分に合わせてよく動きます 危険な時などにピンと立てて仲間などに危険を知らせる役目をします。

【前足】
穴を掘ったり、毛づくろいをします。 5本の爪が生えていますが、肉球はなく毛で覆われています。

【後ろ足】
筋肉が発達していて強いキック力があり走るのも速くて4本の爪が生えています。

【被毛】
ウサギは3ヶ月ごとに数週間から1ヶ月ほどかけて生え変わります。特に春と秋の換毛期には抜け毛も多くよく目立ちます。※室内で飼育されているウサギの場合は時期がずれたりします。
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 08:13 ] ウサギってどんな動物? | TB(0) | CM(3)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。