スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レッドデータブックとは? 

レッドデータブック(RDB)は1966年国際保護連合(IUCN=International Union for Conservation Nature and Natural Resources)から初めて出され、内容は世界的規模で絶滅の恐れのある野生動物とその生息情報が解説されていました。その後順次改訂版が出され、いくつかの国からもその国のレッドデータブック(RDB)が出されるようになります。日本でも1991年に今の環境省から「日本の絶滅のおそれのある野生動物」レッドデータブックが作られました。日本のレッドデータブックはIUCNで作成されたものと区別するためにJRDBとも呼ばれます。1995年に改訂版を「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 -レッドデータブック-」を出版し、その後も更に出版し現在では分類ごとに全9冊が刊行されています。

<それぞれ一巻から~下記参照>
第一巻:哺乳類
第二巻:鳥類
第三巻:爬虫類・両生類
第四巻:汽水・淡水魚類
第五巻:昆虫類
第六巻:陸・淡水産貝類
第七巻:クモ形類・甲殻類等
第八巻:植物I(維管束植物)
第九巻:植物II(維管束植物以外:蘚苔類、藻類、地衣類、菌類)

またインターネットで環境省生物多様性センターの生物多様性情報システムに設置されている「絶滅危惧種情報」にてレッドデータブックに掲載されている情報を見ることができます。また日本では、それ以外に水産庁や都道府県等の地方公共団体、学術団体などによりレッドデータブックが発行されています。

◆絶滅(EX)(Extinct)
我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
◆野生絶滅(EW)(Extinct in the Wild)
飼育・栽培下でのみ存続している種
絶滅危惧
(Threatened)
◆絶滅危惧I類(CR+EN)絶滅の危機に瀕している種
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、野生での存続が困難なもの

・絶滅危惧IA類(CR)(Critically Endangered)
近い将来における絶滅の危険性が極めて高いもの

・絶滅危惧IB類(EN)(Endangered)
IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
◆絶滅危惧II類(VU)(Vulnerable)
絶滅の危険が増大している種
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、近い将来「絶滅危惧I類」のランクに移行することが確実と考えられるもの
◆準絶滅危惧(NT)(Near Threatened)
現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」として上位に移行する要素を有するもの
◆情報不足(DD)(Data Deficient)
評価するだけの情報が不足している種
◆<付属資料>絶滅のおそれのある地域個体群(LP)
 (Threatened Local Population)
地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの


国際自然保護連合(IUCN)が運営する世界の絶滅危惧種に関する情報のページ
The IUCN Red List of Threatened Species (英文)
IUCN日本委員会

スポンサーサイト

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 08:47 ] レッドデータブック | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。