スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ケガ 

症状
小さなキズでも細菌感染で炎症を起こすこともあります。キズができている場合は
毎日キズの具合をチェックをして見て腫れていたり、膿んだりしていないか確かめてあげてね

原因
ウサギの皮膚は大変デリケートです。
なので床材の不備やケージの隙間などに足を挟んでキズができてしまったり
多頭飼いの場合はウサギ同士のケンカでケガをしてしまう事があります。

治療
・小さなキズでもできるだけ消毒をしましょう(細菌感染しないように)
・特に梅雨の季節は気をつけましょう
・噛み傷の場合は、キズの様子を見て、キズが悪化してくるようであれば病院へ
・大ケガの場合は、必ず病院に連れて行ってあげて下さい

予防
ケガをしないような飼育環境を心がけましょう。
多頭飼いの場合は狭いスペースでの飼育はウサギのストレスにもなりますし、
ケンカの原因にもなるので、それぞれのウサギの様子を見て環境の改善をしましょう。

スポンサーサイト

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 00:15 ] 外傷 | TB(0) | CM(0)

やけど 

症状
皮膚炎を起こしたり、毛が抜けるなど

原因
・暖房器具の側などで長時間接触しての低温やけど
・油や熱湯がかかってしまった

治療
第一に、患部を冷やすことが必要です。低温やけどの場合は炎症を抑える薬を塗ります。
まずは病院へ行きましょう

予防
ウサギが快適に過ごせるように、危険のない環境作りを心がけましょう

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 00:15 ] 外傷 | TB(0) | CM(0)

脱臼 

症状
★ウサギの脱臼は肘・膝・股関節で起こる事が多いようです。

・ひじ、ひざ、股が曲げたり伸ばしたりできない
・歩き方がおかしい
・じっとして動かなくなる
・足を浮かしたまま動いている

原因
・高いところからの落下
・ケージ内や室内で暴れての事故
・すのこで足をはさんでしまった
・大きな音にパニックになった
・抱っこしている時に落としてしまった

治療
多くの場合、病院での手術が必要になります。発見が遅れたり放っておくと治らなくなるので注意しましょう

股関節の脱臼の場合、時間が経ちすぎると元に戻すのが難しくなます。
また治してもすぐに再脱臼する場合が多いので、その場合は大腿骨頭を切除します。
(ウサギのような軽量の動物は関節がなくても周りの太い筋肉によって支えられるようになり
普通に生活ができます)

剄椎(けいつい)を脱臼した場合は下半身不随などになる事もあり
多くの場合は予後不良となり完治するのは難しいでしょう。

予防
抱っこする場合は慣れていないウサギだと暴れてして落としてしまったりするので
必ず座って膝の上で抱っこするようにしましょう。無理やり押さえつけたり抱っこしたりしない
高い所に置いたり登らせないなど注意してあげましょう

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 22:59 ] 外傷 | TB(0) | CM(0)

骨折 

ウサギは大変に骨がもろくて折れやすい動物です。そして治りにくいというのも特徴なのでウサギと接するときは気をつけてあげましょう、もし不注意で落としてしまった時などは変な音がしなかったか?ウサギの様子がおかしくないかよく調べてみて下さい

症状
・足を骨折した場合⇒引きずったり、足を浮かしたりしている
・脊髄(せきずい)骨折の場合⇒下半身の麻痺・痙攣(けいれん)硬直などあきらかに様子がおかしい
・痛みがあることによる食欲不振
・動きが鈍い
・飛び方がおかしい

★脊髄骨折の場合は下半身の麻痺(骨折箇所によっては前足も麻痺する事もある)・痙攣(けいれん)・硬直などが起こりオシッコをもらしたり下痢をしたりしますが、逆に排泄できなくなる事もあります。

原因
・誤って踏んでしまった
・抱っこしていて落としてしまった
・高所からの落下
・じゅうたんなどに爪が引っかかった
・ケージの隙間やすのこなどに足を挟んだ
・驚いてパニックになって壁などに激突した
・自分で思いっきりジャンプした時に骨折
椅子などから飛び降りただけでも骨折してしまったという症例もあります

★脊髄骨折の場合は暴れた時に強く背中を押さえるなどで骨折することが多いようです。

治療
病院でレントゲンで調べてもらい症状によって治療は異なります。ギブスなど(重症の場合は手術)で骨折した箇所を固定します。その後リハビリなどをする事もありますが、重症でない限り完治し普通の生活に戻れます。

★脊髄骨折の場合は内科療法を行います。しかし後遺症(下半身麻痺)が残ること
 が多く、治療は非常に困難な場合が多い。

予防
抱っこする時は暴れたりして落としてしまうこともあるので注意しましょう。事故のない環境作りをウサギさんのために心がけるのも大切なことです。また、急に大きな音やビックリさせないようにしましょう
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 22:56 ] 外傷 | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。