スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パスツレラ感染症 

パスツレラ菌(パスツレラマルトシダ):Pasteurellamultocidaという細菌に感染するとさまざまな症状(病気)が出てきます。普段は症状があらわれないで保菌しているウサギの事を (*1)不顕性感染(ふけんせいかんせん)といいます。このパスツレラ菌はウサギの鼻腔、副鼻腔(鼻腔の周りの骨にある空洞)にいる菌です(ウサギが感染している可能性は60~70%といわれています) それがストレスや何らかの原因で免疫力が低下することで発症します。

(*1)病原菌などに感染したにもかかわらず症状が現れないこと。抗原抗体反応で抗体ができていることから感染したことがわかる。無症状感染。潜在感染。サイレント-インフェクション

症状
・スナッフル(鼻炎・副鼻腔炎)
・肺炎
・結膜炎
・内耳が感染すると斜頚(しゃけい)や眼振
・湿性皮膚炎(涙や鼻水が原因)
・涙管炎
・膿瘍(体の各部分)
・流涙症(涙やけ)※鼻涙管の閉塞により起こります
・全身の敗血症を起こし呼吸困難で死亡するケースもあります
・耳根部の脱毛
・歯の疾患
・関節炎
・涙や目やに
・結膜炎
・運動失調

などさまざまな症状があらわれます。


原因
パスツレラマルトシダという細菌感染によるもので飛沫感染(咳やくしゃみ)でうつります。母ウサギが保菌している場合は、子ウサギにも感染します。

他には
・他の病気と併発しての発病
・気温の急激な変化
・細菌に感染しているウサギに触った
・不衛生な飼育環境(アンモニア臭が漂っている・アンモニア濃度の上昇など)
・狭いケージでの多頭飼い
・ストレス
・高齢
・妊娠
・部屋の湿度が高すぎる

治療
抗生物質を投与し菌の増殖をおさえますが完治するのはなかなか難しく、治ったように見えても再発し慢性化することも多く、治療も長期間かかる場合もあります。

 予防 
・適切な温度や湿度の管理
・衛生的な飼育環境
・適切な栄養(エサ)の管理
・多頭飼いの場合、感染しているウサギは隔離する事

★ウサギさんが、少しでも様子がおかしいようであればすぐに病院へ連れて行ってあげて下さい、病気の早期発見は治る確率も高くなります。
スポンサーサイト

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/03 00:01 ] パスツレラ症 | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。