スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トキソプラズマ症 

症状
=急性の場合=
・食欲不振
・元気がない
・発熱
・数日のうちに死亡
※妊娠中や授乳中のうさぎは死亡率が著しく高い

=慢性の場合=
ほとんどの場合無症状です。
組織内にシストを保有しているうさぎは大変多いのですがそのほとんどが無症状

原因
Toxoplasma gondiiという原虫が原因です。
中間宿主(ここではうさぎ)の細胞内でタキゾイドが急速に発育し増殖します(増殖相)
この時期を中間宿主が耐過すると組織内にシストを形成する(休止相)

うさぎは通常休止相のまま潜伏し増殖相の時期に発病します。

治療
増強サルファ剤療法

予防
・猫の糞便などで汚染されている可能性のあるものは与えない
   ※公園や外で採取した野草などは特に気をつける
・猫が同居している場合はうさぎを猫の糞便に近寄らせない
・猫のトイレを掃除した後は手洗いを心がけましょう
・公園での砂場遊びなどで手に付いたオーシストが口に入ることが考えられるので手洗いをしましょう

 注意
 人間の妊娠中に感染した場合流産・死産・先天異常を持った子の出産が起こる恐れがあります。
 おそらくほぼ全ての哺乳類・鳥類がトキソプラズマに感染する可能性があります。
 妊娠中の女性でトキソプラズマ抗体陰性の人は妊娠期間中は生肉や半焼けの肉は避けた方が
 よいかと思います。


スポンサーサイト

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ

リステリア症 

病原体はリステリア・モノサイトゲネス(Listeria monocytogenes)
この細菌は広範囲に分布し多くの動物にも感染する人獣共通感染症の一種です。
うさぎの発病を引き起こす事は少ない
症状
・食欲低下
・急激な水衰弱症状
・死亡
・敗血症の症状           
・うさぎにはあまり多くは見られませんが斜頸や痙攣・後弓反張などの神経的な症状もある

原因
・妊娠
・ストレス
・その他

 特に冬季に多発します。
 また、妊娠中やストレスなどが原因のうさぎにおいての発病するリスクが高い


治療

抗生物質のテトラサイクリンが有効とされています。

 臨床的に診断するのは困難で診断は死亡したうさぎの解剖で肝臓・その他の臓器
 子宮内の胎児または流産した胎児を調べます。


ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ

人畜共通感染症の一覧 

動物から人に感染する病気を人畜共通感染症(ズーノーシス)といいます。

主な感染症
普通は飼っているうさぎが人の感染源となる可能性は低いです。
人畜共通感染症は普段から気をつけていれば、かかりにくい病気です。

野兎病
感染したウサギの血液や組織に接触やダニなどの節足動物による媒介により悪寒、発熱、リンパ腺腫脹、無痛性の潰瘍などの症状があらわれます。

パスツレラ症
かまれる、引っかかれる、濃厚に接触した場合に受傷部の腫脹、化膿、疼痛、リンパ腺の腫れ、呼吸器系症状(副鼻腔炎・咳・肺炎)など

サルモネラ症
糞便に汚染された食品や水を加熱不十分で飲食、動物の糞便に接触後の不衛生(嘔吐、下痢、腹痛)

リステリア症

仮性結核症

気をつける感染症

皮膚糸状菌症
感染した動物の皮膚などに直接接触した場合に脱毛、フケ、かゆみ水疱、鱗屑、体部股部白癬などの症状が出てきます。

外部寄生虫症
ノミツメダニなどにかまれて皮膚に炎症が起きます。

トキソプラズマ症
猫や犬などの糞便の接触などで経口的に摂取による感染、ウサギを外で散歩している人は注意しましょう。
しかし多くのウサギの場合は無症状(不顕性感染)です。

 トキソプラズマの抗体を持たない妊婦が初感染した場合は胎児に障害が出る恐れがあるので
 妊婦の方は特に気をつけましょう。


感染防止対策
・衛生的な飼育環境を心がけましょう
・ウサギを触ったあとやケージの掃除後は手洗いをしましょう
・ウサギの健康管理に気をつけて病気は早めに治療をする
・口移しなどで物を与えない
・キスなどはあまりしないほうがいいかもしれません
・かまれたり、引っかかれたりしないように注意しましょう(キズなどはその後の変化に気をつけて下さい)
・部屋の空気は常に入れ替えましょう
・ウサギを猫や犬の排泄物に汚染されている所に近づけない

以上のような事に気をつけてウサギとの暮らしを楽しく過ごしましょう

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ

野兎病(ツラレミア) 

野兎病は人畜共通感染症(ズーノーシス)のひとつです。
野兎病菌Francisella tularensisを原因

うさぎの症状
リンパ節腫脹、急性の敗血症など起こして死亡してしまいます。
初期の症状として毛並みの乱れ、背中を反らす、食欲不振、元気がない、

人の症状
・発熱(39~40度)
・頭痛
・悪寒
・筋肉痛
・リンパ節の腫れて固くなる
・皮膚や上部気道の潰瘍(かいよう)ができる
・腹痛
・敗血症
・血圧低下
・肺炎
・腸チフス
・静脈血栓
・結膜炎
など菌の侵入部位によりさまざまな症状があります。

原因
野兎病菌(Francisella tularensis)による感染で、主に野生のげっ歯目の動物に見られる感染症です。
ペットのウサギにはほとんど見られませんが(野生の野ウサギをペットとして飼っている場合は別です。)

ウサギへの感染経路
飛沫感染、直接感染、吸血昆虫(蚊・ダニ・ノミ)による媒介での感染

人への感染経路
・狩猟により野うさぎをよく火を通さずに食したり、
・うさぎを解体している時に菌が侵入しての直接感染
・吸血昆虫(蚊・ダニ・ノミ)などにかまれて
・菌の混じったホコリを吸っての感染
・菌に侵された生水を飲んでの感染など
・野生動物などを保護して治療する場合
※野兎病は結膜や無傷の皮膚からでも感染します。

以上の他にもさまざまな感染ルートがあると思われます。

★人から人への感染の症例はありません

人の治療
硫酸ストレプトマイシンの筋注およびテトラサイクリン系抗生物質の経口投与が有効であり、早期に治療を開始すればそのほとんどが回復する。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。