スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

前ブドウ膜炎 

うさぎのブドウ膜炎の発生は多いとされています。

症状
・眼内に異常な内容物
・虹彩(こうさい)の一部が充血によって変色したり、局部的な盛り上がりやふくらんでいる
・角膜に浮腫やびらんの症状がある
・まぶたの痙攣(けいれん)
・まぶしがる
・結膜や角膜の充血
・流涙
・痛み
・ブドウ膜炎の進行が速い場合や発見が遅れた場合には、眼内膿瘍になる危険性もあります。

原因
・細菌に感染し血液が体内を循環してブドウ膜に運ばれたことによって起こる
・不正咬合
・角膜炎
・眼球の外傷
・エンセファリトゾーン
などさまざま

治療
細菌感染の場合もあるので点眼の抗生物質を使用します。
眼球全体が炎症を起こしている場合は全身的な抗生物質の投与が必要です。
痛みがある時は非ステロイド性消炎剤の点眼、または内服します。
痛みが非常に激しい場合は眼球の摘出も検討する。
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 22:15 ] 眼科系の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/303-b4b8dc11














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。