スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眼窩膿瘍(がんかのうよう) 

症状
・眼球の突出(痛みが伴います)
・痛みによる食欲不振、元気がなくなる
・突出によりまぶたが閉じれなくなり角膜の表面が乾燥して潰瘍(かいよう)が生じます。
 更にかさぶた状のものが積み重なったようになる

原因
ほとんどの場合は歯根の異状による歯科疾患が原因で上顎後臼歯の歯根の異状が原因と考えられます。まず眼窩と後臼歯の歯根は接近していて骨一枚で隔てられています。眼窩の骨などが融解(ゆうかい)や炎症などで眼窩に膿がたまると眼球が外に向かって押し出されるということになります。

治療
・痛みから食欲の低下が多く見られるので、鎮痛薬や食欲増進剤などにより食欲を維持して
 消化機能が落ちて二次疾患として腸毒素血症が起きないようにするのが不可欠。
・敗血症を防止するため抗生物質の全身投与も必要です。
・乾燥した角膜に対して点眼、眼軟膏などで対処します。
・目が突出して痛々しい姿ですが膿瘍がが表面に達しない限り、膿を取り除く事は不可能
・取除ける状態になった場合は全身麻酔切開して取除きます。
・場合によっては眼球摘出することもあります。
・眼球の突出が治らない場合は短期間の眼瞼縫合(瞼を縫って閉じておきます)
・病後の視力の回復は不可能
・乾燥性角膜炎が原因の角膜の白濁は治らない

まとめると
全身の状態を維持し眼球の乾燥防止に努めながら膿がある程度表面に出てきて取り除ける状態になるまで待たなくてはいけません。外部から触って膿瘍の一部が触知出来るようになったら全身麻酔をし膿を取除きます。

予防
うさぎの歯根は構造と機能上あまり強い力が加わる事に対して耐えられるようにはできていません。
あまり硬すぎるものは歯に悪影響を及ぼす可能性が高い
またペレットだけの食事管理ではなく牧草を主食として好きなだけ与えたほうが良いと思います。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2009/04/23 06:44 ] 歯科系の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/330-ff7ab2fd














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。