スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トキソプラズマ症 

症状
=急性の場合=
・食欲不振
・元気がない
・発熱
・数日のうちに死亡
※妊娠中や授乳中のうさぎは死亡率が著しく高い

=慢性の場合=
ほとんどの場合無症状です。
組織内にシストを保有しているうさぎは大変多いのですがそのほとんどが無症状

原因
Toxoplasma gondiiという原虫が原因です。
中間宿主(ここではうさぎ)の細胞内でタキゾイドが急速に発育し増殖します(増殖相)
この時期を中間宿主が耐過すると組織内にシストを形成する(休止相)

うさぎは通常休止相のまま潜伏し増殖相の時期に発病します。

治療
増強サルファ剤療法

予防
・猫の糞便などで汚染されている可能性のあるものは与えない
   ※公園や外で採取した野草などは特に気をつける
・猫が同居している場合はうさぎを猫の糞便に近寄らせない
・猫のトイレを掃除した後は手洗いを心がけましょう
・公園での砂場遊びなどで手に付いたオーシストが口に入ることが考えられるので手洗いをしましょう

 注意
 人間の妊娠中に感染した場合流産・死産・先天異常を持った子の出産が起こる恐れがあります。
 おそらくほぼ全ての哺乳類・鳥類がトキソプラズマに感染する可能性があります。
 妊娠中の女性でトキソプラズマ抗体陰性の人は妊娠期間中は生肉や半焼けの肉は避けた方が
 よいかと思います。



ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/398-e8bb99a7














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。