スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ツメダニ症 

ツメダニ症は被毛ダニの一種でウサギツメダニ(Cheyletiella parasitivorax)の寄生により起こります
日本で最も多く見られる外部寄生虫になります

症状
・頭部や背部に発赤や落屑や脱毛
・激しい掻痒(←意味はかゆいところをかく)ため神経質になったり落ち着きがなくなったりする
 (かゆみを伴わない場合もあります)
・場合によっては無症状の様に見える場合がある 

治療
◆治療ケース1
ピレスロイドのムースやスプレーが安全で有効
週に1回の使用で症状は早く改善されて数回繰り返せば完治します(3~6回ほど)

◆治療ケース2
イベルメクチンの皮下投与または経口投与を週に3回行います
ただし幼齢のうさぎは副作用として神経症状が見られることがありますので
4~5ヶ月以降に限るのが望ましい

シャンプーができるウサギさんであれば殺虫成分(ピレスロイド入り)のシャンプーを
2週間ぐらいの間隔で3回ほど行う


注意:カバーメイト入りのシャンプーは中毒の恐れがあるので使用は避ける!

※ジクロルボスのノミ取り首輪の小片をケージに取り付けるのも効果はありますが
 うさぎがかじってしまうと中毒などで危険なので要注意です。

外用のピレスロイド剤は犬・猫に用いる事はなくなった為動物病院向けのものは製造されていないので
ひと用のものやペットショップで販売されているものを使用しなくてはなりません


ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2011/02/09 01:12 ] 皮膚の病気 | TB(0) | CM(2)

飼っているうさぎがツメダニ症のおそれがあります。
ネットで検索したら、ここにたどり着きました。


とても参考になりました!


ありがとうございます(^∀^)
[ 2011/03/17 00:15 ] [ 編集 ]

ポアロさんへ

参考にして頂けてとても嬉しいです。飼っているウサちゃんは個人判断だけでなく一度獣医さんに受診する事をおすすめします。早く治るといいですね
[ 2011/03/17 03:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/413-0e153bdf














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。