スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うさぎの食性と問題・危険性 

うさぎは*1後腸発酵(こうちょうはっこう)をする草食動物です
腸の中の多数の細菌が消化に大きな役割を果たしています。

腸では普段見る固くてコロコロの丸い糞と柔らくてまとまった盲腸便の2種類を作り分けています
盲腸便は皆さんご存知の通りうさぎが肛門から直接食べます
盲腸便には大量のビタミンB群と良質のたんぱく質 その他が含まれています。

*1:体内に棲む微生物の作用によって草の細胞壁を発酵分解させて消化吸収する

うさぎはもともと野生の時代は母乳以外の動物性の食物は口にせず
もっとも栄養価の低い草や木の葉を食べていました。
そうして草や木の葉の繊維を炭水化物として利用し不足部分を盲腸便で補います

これはアナウサギが高栄養な地域に生息していなかったため
進化の過程で低栄養な植物から身体に必要なエネルギーを得る為に高性能の消化管を得た事になります

ここで問題なのは
ペットとして飼われているウサギはうさぎ本来の食べ物ではない
豆類やトウモロコシ・ナッツ類・穀類とその製品などの与えすぎで肥満や消化障害が起きたり
本来の食べ物である牧草(乾草)を嫌いになりあまり食べなくなると臼歯の過長症になりやすくなります

また元来非常に栄養価の低い草や葉を食べるように進化したうさぎは
時間が許せば四六時中食べる性質があります。たとえ病気などで体調が悪くても食べ続けます
栄養価の低い食物を食べ続ける事が生きていく必要不可欠なことになります。

そんな生活の中でうさぎの食欲低下・まったく食べないというのは非常に危険なサインになります
多少はまだ食べているから大丈夫というのはうさぎにはあてはまらず
病気の種類や病態にもよりますが死亡する数時間前まで食べているのは珍しくない事です

うさぎが食事を摂らない状態では生理的平衡(ヘイコウ)状態 簡単に言えば健康状態を
維持できる期間つまり絶食できる期間は非常に短いという事です。

そんなうさぎですが実際うさぎは捕食される側なので体調が悪くてもそれを表現しない傾向が強く
飼い主さんが病気の症状の発見が遅れたり、また気付いた時には重症化している事が多く
まだいくらか元気そうに見えても死に至る事が起こる動物でもあります。

我が家の姫達の普段のエサの健康管理はあまり神経質にならずに健康な時にあげる量を決めて
大体どれぐらい食べてるのかチェックしておくと気付きやすいと思います。
またおやつや野菜などを与えた時には食べる量は少し減っています 与える量にもよりますが




ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2011/02/10 21:53 ] ウサギってどんな動物? | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/414-7016217c














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。