スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皮膚糸状菌症(リングワーム) 

皮膚糸状菌というグループの真菌による皮膚病で、ウサギに感染する真菌では犬小胞子菌と毛蒼白癬菌が知られています。また人畜共通感染症のため人にも感染する場合もあるので注意しましょう。

症状
頭部・耳・足などに発症し、円形に被毛が抜けて丸く抜けた真ん中から再び毛が生えるなど他には皮膚がカサカサと乾燥してフケ・かゆみなどの症状が見られます。

原因
カビ(皮膚糸状菌症)による感染

治療
真菌に感染しているかの診断は患部からの採取した被毛や皮膚を顕微鏡で検査するか、真菌培養の検査をします。
・抗真菌剤の投与(内服薬)や塗布(外用薬)をします。
・抜け落ちた毛やフケなどからも感染するのでケージを消毒薬を使い掃除をする
・フケや抜け毛などをきれいに手入れする
・薬浴

予防
・比較的に健康状態が良好で免疫力があれば感染しにくいといわれます。
・人や他の動物にも感染するので、感染している動物を触ったら手を洗いましょう
・多頭飼いや同居している動物がいる場合は、感染している動物が完治するまで隔離しましょう
・湿度の管理(湿度が高いとカビの繁殖が活発になるから)
・梅雨時は特に気をつけて下さい(エアコンでの除湿)
・ケージやエサ入れなど清潔に保ちましょう
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 23:23 ] 皮膚の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/54-c8d4d4d0














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。