スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ズッキダニが原因の皮膚病 

ウサギの被毛につくダニは、主にズツキダニとウサギツメダニがあります。
ここではズッキダニについて書いています。

症状
ズツキダニの場合は病原性は弱く、頭から背中にかけて特に発生します。
・脱毛
・フケ
・かゆみ
・かさぶた
・皮膚が赤い
・被毛が薄くなる
・ウサギはかゆみなどのために神経質になり落ち着きがなくなる事もある

しかし無症状の場合が圧倒的に多い

ツメダニは人にも感染する人畜共通感染症(ズーノーシス)のひとつで、
もし体などに赤い発疹やかゆみなどの症状があらわれたら感染を疑って下さい。
その場合は病院に行き診察を受けると良いでしょう


原因
・ダニの寄生

治療
被毛ダニは透明な粘着テープを被毛に当てたものをスライドガラスにはり顕微鏡で虫体や卵体を見つけることで診断されます。ダニの駆除は滴下型外用薬や注射薬でダニを駆虫しますが、必ず動物病院で駆虫してもらって下さい、また皮膚の炎症がある時は炎症を抑える薬を投与します。

予防
・ブラッシングで体の汚れなどを落としてあげる
・飼い主さんの部屋の掃除もこまめにしてダニを発生させないようにする
・ケージは常に清潔に保ちましょう
・多頭飼いの場合は、他のウサギにも感染していることが多いので動物病院で診察してもらいましょう。
・感染していない場合は感染しているウサギが完治するまでは隔離して飼育しましょう。


ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 23:22 ] 皮膚の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/55-a0594bd0














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。