スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノミが原因の皮膚病 

症状
・かゆみ
・脱毛
・かくことによる皮膚の炎症

原因
ウサギに寄生するノミはウサギノミとネコノミが寄生しますが、ほとんどがネコノミによるものです。
ウサギを外へ散歩に連れて行っている場合は注意しましょう

- ノミの糞の判別方法 -
部屋などに黒い粒などが目立って落ちている場合はノミの疑いがあります。
黒い粒をティッシュの上に置いて水をたらし、赤いシミが出たときはノミがいる証拠です。
すぐにノミを駆除して部屋の掃除をしましょう

治療
駆虫剤にもいろいろな種類があり中にはウサギに使用すると大変危険なものもあるので
病院で獣医師による駆虫をしてもらうほうが安全です。
また猫や犬用のノミ取りシャンプーもありますがウサギには刺激が強すぎるので避けたほうがよいか
または獣医師さんに相談しましょう。

※犬・猫用のカバーメイト剤や有機リン剤・フィプロニル製剤は中毒の恐れがあるので使用しない事
★犬や猫など同居している場合は、ウサギの治療と同時に犬や猫も駆除する必要があります。

予防
・飼育環境を清潔に保ちましょう
ノミが繁殖している場合は動物から卵が落下しふ化した幼虫が床などで生活しサナギ→成虫になります。
なのである程度の期間は掃除をこまめにしたほうがいいでしょう

・同居している動物にノミがつかないようにしましょう

・ウサギを外で散歩している場合は外でノミがつくことも多いので
 日頃からウサギの皮膚などをチェックしてあげましょう

・新しく迎えたウサギは他の病気やノミ、ダニなどが感染する恐れがあるので
 1~2週間は検疫期間を設けるのも先住ウサギさんの安全のために必要ではないかと思われます。


ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 23:21 ] 皮膚の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/56-c3e81306














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。