スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結膜炎 

症状
・目ヤニ(サラサラしたものから粘り気のあるものまでさまざま)
・涙が多く出る
・目のふちが赤い
・目ヤニがまぶたに張り付いて目が開かない
・まぶたが腫れている
・目の充血
・痛みやゆみを伴う場合があります
・まぶしそうにしている
・症状が進行すると目の周辺の毛が抜けたり、涙などで湿性皮膚炎の併発も起こります。

原因
・細菌感染(ウィルス、細菌、真菌{カビ}など)
・干し草のワラやチリなど
・トイレのアンモニアによる目への刺激
・ケガ
・アレルギー(過敏症)
・ほこりや異物
・刺激性の液体が目に入ってしまった
・逆さまつげ
・眼瞼の内反症・外反症・形成不全
・涙嚢炎や鼻涙管の閉塞
・臼歯(奥歯)の不正こう合
・歯根の細菌感染

★慢性化すると涙があふれいつも濡れているため目の下が赤くなったり毛が抜けたりします。またウサギが前足で顔をこするので前足の内側の毛がゴワゴワになることもある

★パスツレラ菌の感染により結膜炎になるケースが多い

治療
まずは原因をつきとめて、

・細菌感染の場合は目を洗浄や消毒して抗生物質の点眼薬や眼軟膏を投与します。
・刺激物や異物が入った場合は異物を取り除きます炎症がひどい場合は炎症をやわらげる薬を使用します。かゆがって目をこすってしまう時は円盤状の(エリザベスカラー)をつけることもあります。
・まぶたの腫瘍や眼瞼内反症は手術などで早めに治療しましょう。
・逆さまつげの場合は高周波や凍結などで外科的に処置します。
・涙嚢炎が原因の場合は涙管に管を通して洗浄し抗生物質の投与
・臼歯(奥歯)が原因の場合は、麻酔をかけて歯の治療をします。
・パスツレラ菌による結膜炎の場合は完全な治癒が困難な場合も多く長期にわたり治療する必要がある

予防
・衛生的な飼育環境(特にトイレはこまめに掃除してあげましょう)
・干し草などは細かいチリなどを払い落としてから与えましょう
・通気性(風通し)を良くして、空気の層がたまらないようにしましょう
・刺激となる床材は使用しない(パインチップに含まれる揮発性物質には呼吸器粘膜や結膜に対して刺激性があるといわれているので使用を避けるか獣医師さんに相談してみましょう)
・臼歯(奥歯)が異常はないか定期的にチェックしましょう、しかし臼歯の場合は奥歯になるのでなかなか発見しにくいものです。動物病院でウサギの健康診断もかねて定期的にチェックするのもいいですね
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 23:13 ] 眼科系の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/60-20beefcd














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。