スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鼻涙官閉塞・涙嚢炎 

-涙が出るしくみ-
分泌された涙は涙点というところに流れ、涙点から涙嚢(るいのう)を通って鼻涙管(びるいかん)へ行き鼻涙管通って涙が流れ出ます。他の動物などは涙点は上下に各一つあるのですが、ウサギの場合は瞬膜の根元に一つだけです。この涙嚢が細菌感染を起こすと⇒涙嚢炎(るいのうえん)また鼻と目をつないでいる鼻涙管がつまると⇒鼻涙管閉塞になります

症状
・濁った白い涙で目頭が汚れる
・目ヤニが多くなる
・目の下の毛が涙や分泌物でゴワゴワしている

原因
鼻涙管(びるいかん)という涙の通る管の一部が伸びすぎた歯根に圧迫され、そこから細菌感染(パスツレラ菌など)を起こして炎症が起こります。

治療
鼻涙管が閉塞している場合は洗浄して流れをよくします。細菌感染を起こし化膿している場合は抗生物質を投与します。完治しにくいケースもみられるようです。

予防
臼歯の歯根の病気が原因のケースが多いので、エサの改善などが必要です(固すぎるエサはあまりよくないようです)また、牧草を多く与えて臼歯の病気を防ぎましょう

★目やに、涙などがいつもより多いときは早めに治療をして慢性化しないよう心がけることが大切です。
ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2008/10/02 23:06 ] 眼科系の病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/62-eee09b34














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。