スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人畜共通感染症の一覧 

動物から人に感染する病気を人畜共通感染症(ズーノーシス)といいます。

主な感染症
普通は飼っているうさぎが人の感染源となる可能性は低いです。
人畜共通感染症は普段から気をつけていれば、かかりにくい病気です。

野兎病
感染したウサギの血液や組織に接触やダニなどの節足動物による媒介により悪寒、発熱、リンパ腺腫脹、無痛性の潰瘍などの症状があらわれます。

パスツレラ症
かまれる、引っかかれる、濃厚に接触した場合に受傷部の腫脹、化膿、疼痛、リンパ腺の腫れ、呼吸器系症状(副鼻腔炎・咳・肺炎)など

サルモネラ症
糞便に汚染された食品や水を加熱不十分で飲食、動物の糞便に接触後の不衛生(嘔吐、下痢、腹痛)

リステリア症

仮性結核症

気をつける感染症

皮膚糸状菌症
感染した動物の皮膚などに直接接触した場合に脱毛、フケ、かゆみ水疱、鱗屑、体部股部白癬などの症状が出てきます。

外部寄生虫症
ノミツメダニなどにかまれて皮膚に炎症が起きます。

トキソプラズマ症
猫や犬などの糞便の接触などで経口的に摂取による感染、ウサギを外で散歩している人は注意しましょう。
しかし多くのウサギの場合は無症状(不顕性感染)です。

 トキソプラズマの抗体を持たない妊婦が初感染した場合は胎児に障害が出る恐れがあるので
 妊婦の方は特に気をつけましょう。


感染防止対策
・衛生的な飼育環境を心がけましょう
・ウサギを触ったあとやケージの掃除後は手洗いをしましょう
・ウサギの健康管理に気をつけて病気は早めに治療をする
・口移しなどで物を与えない
・キスなどはあまりしないほうがいいかもしれません
・かまれたり、引っかかれたりしないように注意しましょう(キズなどはその後の変化に気をつけて下さい)
・部屋の空気は常に入れ替えましょう
・ウサギを猫や犬の排泄物に汚染されている所に近づけない

以上のような事に気をつけてウサギとの暮らしを楽しく過ごしましょう

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ

困っています

はじめまして^^
ウサギちゃんのことを勉強できたらなって思っています^^;

旦那が急にウサギを買ってきましたーー;
世話の仕方が全く分かりません・・・・

旦那は「知ってる」って言うけど・・・
[ 2013/02/04 04:40 ] [ 編集 ]

咲 すたんとんさんへ

はじめまして
私も初めての時は戸惑いましたが大丈夫!

このブログにも
基本の飼育用品や餌の与え方などが書いてあるので
参考にしていただければ幸いです。

頑張って大事に育ててあげてくださいね
[ 2013/02/06 15:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/7-6e949278














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。