スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

野草 

野草の採取する時の注意
・下水の溝の近くに生えているものは汚染されている恐れがあるので避けましょう
・畑や田んぼの近くに生えているものは農薬や除草剤に汚染されていることが多いので採取しないようにしましょう
・道路のわきに生えている野草は排気ガスなどに汚染されている恐れがあるので避ける
・公園などで採取する場合は、犬猫の排泄物に汚染されているかもしれないので注意しましょう

※野草の中には毒性をもつ種類もあります。はっきり安全だとわかるものだけを与えましょう
  確実でない場合は与えないこと!手元に植物図鑑などがあれば便利ですね


野草を与える時の注意
病気のウサギさんや投薬中の場合は、獣医師さんと相談してから与えましょう
妊娠中や授乳中などは無理に与えなくてもいいかもしれません
流水で汚れやほこりなどを落として水気をよく切ってあげましょう。

※下記で掲載している画像はすべて「季節の花 300」にてお借りしているものです。綺麗で素敵な写真がたくさんありますヨ♪


タンポポの葉(キク科)
tanpop4.jpgtanpop13.jpg
 ビタミンB1・B2・Cのほかにミネラルも豊富

クローバー(マメ科)和名シロツメグサ
sirotu2.jpgsirotu3.jpg
 タンニン、樹脂、脂肪、フラボノール

ハコベ(ナデシコ科)
hakobe.jpghakobe1.jpg
 利尿作用、浄血作用があるとされています。

ノコギリソウ(キク科)
nokogi1.jpgnokogi4.jpg
 強壮作用、成分のシネオールには細菌抑制効果、
 炎症を抑えて腫れをとる働きがあるとされています。

オオバコ(オオバコ科)
oobako3.jpg oobako1.jpg
 健胃、利尿作用などの効果があるとされています。

ナズナ(アブラナ科)(別名:ぺんぺん草)
nazuna3.jpgnazuna6.jpg
 ビタミンAが含まれていて健胃効果、食欲増進、利尿作用があるとされている

レンゲ(マメ科)
renges3.jpgrenges1.jpg
 利尿や解熱作用

フキタンポポ
 人には葉や花は鎮咳去痰薬になりますが、
 ウサギに効果があるかは不明です。

チガヤ(イネ科)
chigay3.jpg chigay2.jpg
 止血や利尿作用があるとされています。

クズ(マメ科)
kuzu003.jpg kuzu002.jpg
 クズの根、葉、花はほとんどの部分が薬用にもちいられており解熱作用
 下痢、整腸作用などの効果があるとされています。クズの葉の部分には
 ビタミンやミネラルを含み葉緑素が豊富に含まれています。

ヨモギ(キク科)
yomogi.jpgyomogi1.jpg
 ヨモギ成分のクロロフィルにはインターフェロンを誘起する物質があり
 免疫力を強化させたり、肥満防止(脂肪を分解して体外に排泄する)
 強壮、健胃などに効果がある

タビラコ(キク科)
tabira3.jpgtabira4.jpg

カラスノエンドウ(マメ科)
karasu1.jpgkarasu3.jpg
 血行をよくし、解熱作用、胃腸の働きをよくする。

エノコログサ(イネ科)(別名:猫じゃらし)
nekoja1.jpg   nekoja2.jpg

オヒシバ(イネ科)

ノアザミ(キク科)
azami0.jpg  azami01.jpg
 健胃、利尿作用、強壮

ノゲシ(キク科)
nogesi2.jpgnogesi1.jpg
 健胃、整腸作用など

 ※タラビコ、エノコログサ、オヒシバは今のところ効用が
  よくわかりません・・・(勉強不足ですみません;)
  ご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えていただければ嬉しいです。



ポチツと応援してね♪
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
管理者用記事編集 [ 2009/04/13 10:53 ] 野草 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usa117.blog87.fc2.com/tb.php/89-898af8c6














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。